公益財団法人 徳島県体育協会  

公益財団法人徳島県体育協会加盟団体規程

トップへ協会概要 国民体育大会 スポーツ少年団 指導者への道
総合型地域 スポーツクラブ スポーツ 安全保険 県体協表彰事業・決算・予算  役員報酬等スポーツ医科学
 

 定  款役員・評議員専門委員競技団体市町村協会加盟団体規程
役員報酬
 

加盟団体規程

 (目 的)

第1条 公益財団法人徳島県体育協会(以下「本会」という。)定款第9条の規定に基づき、加盟団体並びに加盟及び脱退について必要な事項を定めるものとする。

 

(加盟手続)

第2条 この法人の加盟団体になろうとする団体は、次の書類を本会会長に提出し、理事会の承認を得なければならない。

 (1) 加盟申込書

 (2) 規約

 (3) 役員名簿

 (4) その他本会が必要とするもの

 (5) 前年度事業概況書、当該年度事業予定表及び当該年度予算書

2 加盟の承認を得た団体は、直ちに第3条の負担金を納入しなければならない。

 

(負担金の納入)

第3条 負担金とは、会費及び登録料のことをいう。 

2 加盟団体は、理事会において別に定めた会費を毎年8月末日までに納入しなければならない。ただし、年度途中で加盟した団体は加盟を許可された後、速やかに納入するものとする。

3 本会の定款第5条第1号の団体は、理事会において別に定める登録料を毎年 10月末日までに納入しなければならない。ただし、年度途中で加盟した団体は加盟を許可された後、速やかに納入するものとする。

 

(負担金の使途)

第4条 前条の負担金は、毎事業年度における合計額の50%以上を当該年度の公益目的事業に使用する。

 

(届 出)

第5条 加盟団体は、毎年事業年度開始1ヵ月前から開始1ヵ月後の間に、当該年度の事業計画及び収支予算書を本会に届け出なければならない。

2 加盟団体は、毎事業年度終了後3カ月以内に、当該年度の事業報告及び収支決算書を、次の書類を添えて本会に届け出なければならない。

 (1) 新年度の役員名簿

 (2) 決算時の登録人数

 

(脱 退)

第6条 本会の加盟団体が脱退しようとするときは、次の書類を会長に提出し、理事会の承認を得なければならない。

 (1) 脱退届

 (2) 脱退理由書

 (3) その他本会が必要とするもの

2 加盟団体が、本会の定款第42条に掲げる資格を失ったと認められるとき、又は本会の加盟団体として不適当と認められるにいたったときは、理事会の同意を経て、これを脱退させることができる。

 

(負担金の清算)

第7条 加盟団体が前条第1項または第2項により脱退した場合は、既に納付した負担金は、理由の如何を問わず返還しない。

2 脱退前に支払いの義務が生じた負担金は、直ちに納付しなければならない。

 

(改 廃)

第8条 この規程の改廃は、理事会の決議を経て、評議員会の承認を得なければな

 らない。

 

(補 則)

第9条 この規程の実施に関し必要な事項は、会長が理事会の承認を得て、別に定めるものとする。

 

附 則

 この規程は、公益財団法人徳島県体育協会の設立の登記の日(平成24年4月1日)から施行する。