公益財団法人 徳島県体育協会  

スポーツ少年団のあり方 

トップへ協会概要 国民体育大会 スポーツ少年団指導者への道
総合型地域 スポーツクラブ スポーツ 安全保険 県体協表彰 事業・決算・予算スポーツ医科学
 

 少年団のあり方活動の指針市町村少年団写  真
 

 スポーツ少年団のあり方

 

 スポーツ少年団は、1962年に財団法人日本体育協会が創設した歴史あるスポーツクラブです。「一人でも多くの青少年にスポーツの喜びを!」「スポーツを通じて青少年の体と心を育てる組織を地域社会の中に!」と願いつくられました。約19万人の指導者と、約93万人のスポーツが大好きな仲間たちが、スポーツ少年団に登録しています。

 スポーツ少年団は、それぞれが独自に自主的で主体性を持った活動を展開しています。そのため、特定のスポーツ種目のみの活動を行うのではなく、野外活動や文化・学習活動など、ジュニア期に必要な幅広い分野での様々な交流体験活動を年間計画の中に組み入れています。

 少年団活動を通じて、歓びや楽しさを体験するとともに、仲間との連携や友情を育て、更にはその過程の中で協調性や創造性などを育み人間性豊かな社会人として成長することを期待しています。

 スポーツ少年団は地域社会で活動する団体です。地域社会の一員として、スポーツ活動だけでなく、「団員・親、地域住民との合同活動」「地域の人たちとのコミュニケーション」「地域の事業・行事への積極的参加」「町内清掃などの奉仕的活動」のような活動も推進しています。

 また、スポーツ少年団の原点である、単位スポーツ少年団は、子どもたちが、自主的にメンバーとして参加し、「自由時間に、地域社会で、スポーツを中心としたグループ活動を行う団体」として活動していますが、精神的にも身体的にも未熟な子どもたちを支えるためには、適切な助言・指導ができるメンバーが不可欠で、組織作りの中で、子供たち団員とともに、リーダー、指導者、育成母集団といったメンバーが単位スポーツ少年団を構成していることが望まれ、その構成内容として、指導者は子供たちの活動が、将来の人生の大切な基盤作りになることを認識し、少年期の発達に応じた適切な指導を行い、次にリーダーは指導者の補助的な存在としてだけでなく、指導者の方針に従って団員の気持ちを理解してグループをまとめ、目標に向かってグループを前進させ、最後に育成母集団は、子供たちの精神面、労力面、財政面での支援だけでなく、地域に住むすべての人たちが、スポーツや文化を楽しめるようなシステム作りのサポートを行うことが期待されています。